数量の算出(帳票の出力)

帳票の出力は、物件の概要の入力図面の取り込み外郭の入力屋根の入力の4つの作業が終わらなければできません。

ソフトを起動します。

 

物件の選択

メインメニューの①タブ「ホーム」で、②帳票を出力する物件を選択し、③タブ「帳票」に移行します。

 

原価計算書の作成

一番最初に「原価計算書」を作ります。タブ「帳票」のボタン「原価計算書」を押します。

 

画面「原価計算書」の①左下にあるボタン「自動集計」を押し、②アラートのボタン「はい」を押すと、図面から数量を算出して、一覧表示します。

 

一覧が表示されましたら、①工事名を入力して、②ボタン「保存」を押し、③メッセージ画面のボタン「OK」を押します。

 

これで数量の算出は終了。印刷したり、画面をスクロールすればすべての内容がわかります。原価計算書には見積金額と実行金額の両方が記載されていますが、メインメニューのボタン「見積書」や「実行予算書」を開けば、それぞれの部分のみ表示できます。

 

ズカラカズについての詳細資料・お見積もりはこちらからご連絡ください。

 

まだ外郭と屋根しか入力していないので正確な数字は出てきませんが、これでアプリケーションの大まかな使い方はわかりました。次からは、数量算出の考え方、詳細な設定の仕方、実際の使い方について、細かく見ていきましょう。

< 目次へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA