屋根の設定

図から数は、最低限、外郭と屋根を入力しなければ積算を行いません。図面を取り込んだ後は外郭と屋根の設定をします。屋根の入力には、すでに物件の概要が入力されており、図面が取り込んであることが必要です。
まず、ソフトを立ち上げ、メインメニューのタブ「ホーム」で該当する物件をダブルクリックし、「建築積算-入力画面」を開きます。

 

勾配屋根の入力

①小画面「ツール」のボタン「屋根」を押し、出てきた小画面「屋根配置」で、②屋根の種別を「一般」、③勾配を数値で記入、④屋根の名称を選択し、⑤OKボタンを押します。

 

次に、屋根面の水平投影図を入力します。マウスで頂点をクリックします。四角形だけでなく、様々な形が入力可能です。

 

屋根面の入力後、傾斜の向きを入力します。①高い方を先にクリックし、②傾斜の下がる方向でもう一点をクリックします。

 

傾斜の入力終了後、当該屋根面の基準点の位置をマウスでクリックし、小画面「軒の高さ入力」でGLからの高さを入力します。他の屋根面についても同様に入力します。

 

スノーダクトのある屋根の入力

ツールボックスの「屋根」を押して表示される小画面「屋根配置」において、①屋根の種類を「スノーダクト」にし、②オフセット値を入力、③屋根の名称を選択し、④「OK」を押します。

 

一般屋根と同様、屋根の水平投影面を入力した後、スノーダクトの位置を指定します。

 

次に、一般屋根同様、基準点を決め、基準点のGLからの高さを入力します。

 

ズカラカズについての詳細資料・お見積もりはこちらからご連絡ください。

 

外郭と屋根の入力が終われば、帳票の出力ができるようになります。

 

< 目次へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA