外郭の設定

図から数は、最低限、外郭と屋根を入力しなければ積算を行いません。図面を取り込んだ後は外郭と屋根の設定をします。外郭とは、次の三つです。

  1. 外壁
  2. 基礎
  3. 足場

それでは、入力しましょう。外郭の入力には、すでに物件の概要が入力されており、図面が取り込んであることが必要です。まず、ソフトを立ち上げ、メインメニューのタブ「ホーム」で該当する物件をダブルクリックし、「建築積算-入力画面」を開きます。

 

外壁の入力

小画面「ツール」のボタン「外郭」を押し、出てきた小画面「外郭指定」で、ラジオボタン「外壁」を選択して、ボタン「OK」を押します。

 

マウスで外壁ラインをクリックします。間違えたら、マウスの右クリックでやり直しができます。

 

グリッド分割の変更

クリックしたい点でクリックできない場合があります。その時は、セレクトボックス「グリッド分割」を変更します。下記の事例では、グリッドから 300mm ずれた点をクリックしたいのですができません。グリッドの間隔は910mmですから、300mm と言えば約 1/3。そこで、グリッド分割を「1/3」にします。厳密にいえば 1/3 は 303.03mm ですから、それでも数ミリの誤差がありますが、資材の数量や手間賃を計算する上ではこの程度の誤差は全く結果に影響を与えませんので、無視します。

 

袖壁の入力

袖壁は、外面をなぞるように、一度袖壁の先端までたどってから、根元まで戻っていきます。クリックする点は重なりますが、積算はダブルで行われます。

 

入力の完了

始点までクリックすると入力が完了し、青の点線で表示されます。2階建ての場合は、2階も同様に入力します。なお、外壁ラインの入力は、建物概要入力の外壁資材で選択した部材の積算に関係しますが、ラインを入力しただけでは高さがわからないので、この状態ではまだ積算できません。結果が出るまでは、もうひと作業必要です。

 

間違えたとき(入力をやり直すとき)

一度入力し終えた外壁ラインの一部分のみの変更等はできません。入力を間違えた場合等は、削除して再入力することになります。削除は、外壁を入力するモードにした状態で、メニューバーのアイコン「部材を選択します」を押し、外壁のエリア内でクリックすると、外壁ラインが赤に変わり、選択状態になりますので、キー「Delete」を押します。

 

基礎の入力

ベタ基礎の場合は、基礎の外周ラインを入力します。入力の方法は外壁とほぼ同じですが、ポーチの基礎などを除く建物本体の基礎だけを入力します。

 

足場の入力

足場も外壁とほぼ同様に入力します。ただし、袖壁の入力のように線を重ねることはできません。足場の面積は、外壁からオフセットして計算しますので、正しい計算ができなくなります。

 

ズカラカズについての詳細資料・お見積もりはこちらからご連絡ください。

 

外郭の入力が終わったら、屋根の入力をしましょう。

 

< 目次へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA